ロボペン

文法チェック

「文章を書く時は『てにをは』が大事!」「『てにをは』一つで意味が変わる」などとよく言われます。そもそも「てにをは」とは、もともとは漢文を読む際に漢字の四隅にふられた「ヲコト点」に由来しています。ヲコト点を左下から右回りに読むと「てにをは」となる事から名付けられたと言われています。

文脈チェック

言語を理解するためには単語の意味だけでなく、それが使われている背景や文脈の理解も必要になるため、その全てをAIに理解させることはなかなか難しい。しかしロボペンは大量の文章を学習したモデルから専門的な知識を学習したモデルを用意することで、あなたの文章作成をサポートします。

APIリファレンス

URI:https://~/robopen

# param description value
1 request チェックレベルを設定する。 word:単語
phrase:文節
sentence:文脈
document:文書
2 sentence チェック文書を設定する。 テキスト
3 wisdom 知識レベルを設定する。 inspection:検査
recommend:補正案提示
4 judge 判定レベルを設定する。 warn:警告も返却
error:エラーのみ返却

エラーリファレンス

NO 注意レベル メッセージ 内容
1 注意 文節数の少ない文脈が多いようです。 文脈の分頭から文末(句点)までの文節数が少ない場合は注意
連続する10文脈中で、文節数が 5個以内 の文脈が 40%以上 存在する
2 注意 文脈に現れる読点の数が多すぎるようです。 文脈の分頭から文末(句点)までの読点が多すぎる場合は注意
連続する10文脈中で、文節数に対して読点の数が 50%以上 存在する場合
3 注意 文脈中の動詞を含む文節数が多すぎるようです。 文脈の分頭から文末(句点)までの動詞を含む文節数が多すぎる場合は注意
1文脈中で、全文節数に対して動詞の数が 30%以上 存在する場合
4 注意 固有名詞の重複が多すぎるようです。 固有名詞の重複が多すぎる場合は注意
連続する10文脈中で、重複する固有名詞数が全体の品詞数の 40%以上 存在する場合
5 注意 文脈中の文節数が多すぎるようです。 1つの文脈の文節数が多すぎる場合は注意
1文脈中で、全文節数が 30以上 存在する場合(全文脈の平均値文節数の統計を取る)
6 注意 文脈中の主語に係る修飾語が多すぎるようです。 文脈で、主語に係る修飾語(形容詞、副詞、名詞)の文節が多すぎる場合は注意
1つ文脈内の係り受け文節が主語(親)の場合、その係元文節である修飾語(形容詞、副詞、名詞)が5以上 存在する場合(全文脈の平均値文節数の統計を取る)
7 注意 文脈中の動詞に係る修飾語が多すぎるようです。 文脈で、動詞に係る修飾語(形容詞、副詞、名詞)の文節が多すぎる場合は注意
1つ文脈内の係り受け文節が動詞(親)の場合、その係元文節である修飾語(形容詞、副詞、名詞)が5以上 存在する場合(全文脈の平均値文節数の統計を取る)
8 注意 主語と述語の意味的な不一致があるようです。 主語と述語のねじれは注意
主語の文節での名詞カテゴリと係り受ける文節の動詞カテゴリが一致しない(#27に統合)
9 注意 主題表現の省略が多すぎるようです。 主語が省略する場合が多すぎる場合は注意
連続する10文脈中に、主語である文節が含まれない文脈の比率が 90%以上 存在する場合
10 注意 文中の接続詞が少なすぎるようです。 接続詞が少なすぎる場合は注意
連続する50文脈中に、接続詞か接続助詞か副詞、感動詞が 4以下 の場合(10文脈内の平均値を取得
11 注意 5W1Hが曖昧です。 5W1Hが文脈内で曖昧な場合は注意
1文脈中に、日付、時間、場所、人名、地名、組織名、理由、方法、主語(何)などに相当する品詞が含まれているかどうかで採点される
12 エラー 助詞または助動詞のみで構成された文節が存在します。 「今から、のだ。」   などの文節はこのエラーとなる
13 エラー 文脈中に、動詞または助動詞または判定詞、形容詞、動詞性接尾辞を含む文節が含まれていません。 1つの文脈のなかに動詞又は助動詞が含む文節が1つも存在しない場合はエラー
「今日は天気。」のような場合にエラーとなる
14 エラー 句点または読点が連続しています。 1つの文脈の中に句点又は読点が連続して含まれている場合はエラー
「今日は、天気で、。」のような場合にエラーとなる
15 エラー 助詞または判定詞が連続しています。 1つの文脈の中に助詞が連続して含まれている場合はエラー
「今日はは天気なので出かけたがを思った。」のような場合にエラーとなる
16 エラー 文末を除く文節の中に、助詞又は、形容詞、副詞、接続詞、動詞、指示詞、判定詞、接尾辞が存在していないものが存在します。 助詞又は、形容詞、副詞、接続詞、動詞、指示詞、判定詞、が存在しない文節が存在した場合はエラー。但しよるされる条件多数あり。
13番とセットで判定され、この場合の文節のエラーはKNPで発生しない。
17 エラー 文脈中に同一の意味を持つ文節が複数存在します。 1つの文脈で、同じ意味を持つ文節が2回以上出現した場合はエラー
今日は天気が良いので、散歩しながら買い物しようと思っていたら天気が良いので出かけた。
18 エラー 近隣にある文節で並立助詞以外のものが繰り返されています。 2文節までの範囲で、文節の助詞の連続性確認(てにをは)
今日は天気は良いので散歩で買い物しようと思った。
19 注意 文章中に指示詞が少なすぎるようです。 指示詞が少なすぎる場合は注意
20 注意 文脈中の読点の数が少なすぎるようです。 文脈内で、読点の数が少ない場合
21 エラー 文末が、’格助詞’,’副助詞’,’接続助詞’,’接続詞’,’指示詞’,’副詞’,’連体詞’の品詞で終了しています 文末で、格助詞、副助詞、接続助詞又は接続詞、指示詞、副詞、連体詞が句点の直前で終わる場合はエラー
22 エラー 文章中に全く同じ文脈が存在します。 10文脈中に、完全に同一の文脈が2つ以上存在するのでエラー
23 注意 文脈中に二重否定文節が存在します。 二重否定判定は注意
24 注意 文章中に冗長化した文脈が存在します。 10文脈中で、類似文脈(Jarowinklerで、スコア0.7以上)が存在したら冗長化と判断。注意
25 エラー 文章中に対応のとれない括弧が存在します。 カッコに関係する対制約のチェックはエラー
26 エラー 放送禁止用語が検出されました。 放送禁止用語が出現したらエラーとする。
27 エラー 係り受け関係の整合性に矛盾があります。 係り受け関係における相互整合性チェックの矛盾はエラー
28 エラー 文書の最終文脈の文末が句点で完了していません。 文書の最終文脈の文末が句点で完了していない。エラー
29 エラー 文頭は読点で始まってはいけません。 文頭が読点で始まってはならない。エラー
30 エラー 助詞または判定詞が文節の先頭または読点の直後に来てはいけません。 助詞又は判定詞が文節の先頭に来てはならない。エラー
31 注意 「い」抜き言葉が含まれています。 い抜きことばは注意
32 エラー 固有名詞と思われる箇所が見つかりましたが、辞書上に存在しませんでした。 固有名詞の存在判定チェックで存在しない場合はエラー
33 注意 不適切な文節があります。 不適切な言い回し文は注意
34 エラー 敬体(です・ます調)と常体(だ・である調)が混在しています。 です・ます調とである・だ調の混在はエラー
35 エラー 「でして」や「でしたら」の用法が適切ではありません。 「でして」、「でしたら」の使用方法がエラー(KNPの関係で強制補正実施)
例1:支店でしたら振込方法は違います。→支店なので振込方法は違います。
例2:将来の資金をお考えでしたら・・・  →将来の資金をお考えなので・・・
例3:この仕事は外でしてください。→この仕事は外で行ってください。
例4:会計は席でしてくれて楽だった。→会計は席で行ってくれて楽だった。
36 エラー 助詞の使い方に不適切な部分があります。 助詞の使用方法に問題がある場合はエラー→格助詞、係助詞、終助詞、副助詞、接続助詞、並記助詞の使い方が適切がどうかを、前後の品詞列の連携の中から判定する。