EGGS ‘N THINGS JAPAN株式会社と共同開発した「AIアバターレジ」を発表

WellVillは、withコロナ時代の“新しい生活様式”に即した飲食事業のDX『Customer Along Service(CAS)』の一環として、EGGS ‘N THINGS JAPAN株式会社と「AIアバターレジ」を共同開発いたしました。また、EGGS ‘N THINGS JAPAN株式会社が2020年7月27日に開催した記者発表会にて、「AIアバターレジ」の技術概要についてプレゼンテーションを行いました。 (『Customer Along Service(CAS)』を始めとした発表内容の詳細


概要

「AIアバターレジ」は、モニターに映し出されたAIアバターと会話することで、注文と会計ができる完全非接触型のレジです。

①アバター(技術協力:アルプスシステムインテグレーション株式会社)
②決済
③AI対話機能
という3つの機能で構成されています。

③AI対話機能はのWellVillが開発した独自技術で、AIが耳で聞き、口で発話し、手を使うように意思表示します。また、目的に応じて人間との会話をリードし、会話のみで目的を達成します。(技術概要資料


デモンストレーション

「AIアバターレジ」は、2020年10月より店舗にて実証実験を開始予定です。

今後もWellVillは人々の暮らしに寄り添い、「最新鋭のAI技術」と「これまで培った高速処理プラットフォーム技術」を融合させることで、様々な企業と共に、これまでに体感したことのない新たなサービスを共創してまいります。 『Customer Along Service(CAS)』の一環として発表された「事前注文システム」「テーブルオーダーシステム」「カスタマートラッキングシステム」に関するお問い合わせは、レター株式会社へ(https://retar.co.jp